くるみ会の新年会

今から20年前になるだろうか、精神障害回復者の作業所に初代所長として着任した
そのころの年間の予算が90万円、ちいさな古住宅で30人ほどのメンバーを相手にしていた
指導員は私1人、ボランティアのお母さん、看護師さんなど、指導方針など無し、
「ともかくも、明るく、楽しくやりましょう」と山に山菜を取りに行ったり、鳥の巣箱を作ったり
1人100円の予算で食事会をしたり、好き勝手なことをしていた
それが、ああなってこうなて、現在スッタフ30名あまり、予算7000万強
現役を退いて3年、今こうして新年会に顔を出すと、異次元の世界に来たような機がする
知らないスタッフが何人も居る
なにはともあれ「乾杯」
d0102413_816239.jpg

[PR]
by furoukoubou | 2008-01-29 08:17
<< 四谷シモンに挑む やれやれ、最後の窯出し >>