1月13日から斉藤ギャラリーにて個展

2008年の年末に「もも」がいなくなって、寂しいやら悲しいやらで仕事がはかどらない
年明け,ままよとばかり作品造り、今日やっと最後の窯いれ、やれやれである
今回は陶板画を中心にした展示、陶板に銅板画のような細い線で絵付けをしてみた
縫い針でカリカリ描いてみたが、うーん、銅板のように細い線が出ない、研究の余地あり。
d0102413_18432437.jpg

d0102413_18453033.jpg

上記2点は年賀に使った
d0102413_184732.jpg

新しい釉薬を使ってみたが,思いどうりの色に出てこない、まま、これはこれでいいか
d0102413_18495723.jpg

この作品はいつもの「たまご」シリーズのひとつ
今回は「かば工房」の久木君に額を制作してもらった
これもひとつのコラボレーションではある。作品がいつものと一味変わってしまうのも一興
陶板画が40点,雑器が50点くらい、皆さん是非会場に来てください
内海眞治個展 (陶と陶板画)2009 1月13日(火)~1月18日(日)
午前10:00~午後7:00 最終日午後5:00まで
さいとうギャラリー ラ・ガレリア5階 B室札幌市中央区南1条西3丁目1番地 011-222-3698
[PR]
# by furoukoubou | 2009-01-06 19:02

1月1日 新たな「モモ2世」を紹介します

Cooと協議の結果、また犬を飼うことにした
そう決心したら早い方がいい
「もも」も納得してくれるでしょう
吹雪の中、札幌に向かう
インターネットで犬の検索をしたけれど、自分達の目で確かめないと、決心がつかない
何件かペットショップをまわったけれど、一番先に見た犬が頭らか離れない
「もも」に似て、雌犬で、毛が白く、大きさも同じで、気立ての優しい犬
そっくりというのはそういる物ではない
会った時から、アッ、この犬ね、これがいいねと2人で納得した
犬の種類にはとんと関心が無かった2人であった
店員さんの説明によると「ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア」通称「ウエスティ」
d0102413_1913096.jpg

当然名前は「もも」である
誕生日は11月6日、まだ50日くらいの赤ちゃん
やれやれ、また永い年月を一緒に生活をともにしなければならない
「モモ2世」よろしくお願いします
[PR]
# by furoukoubou | 2009-01-01 19:08

12月25日 PM9:00

ブログに悲しいことを書くのは本意ではないのだけれど・・・
12月25日クリスマスの夜に愛犬「もも」が亡くなりました
突然死に近いのかもしれません
10歳と6ケ月、残念でなりません
動物病院の医者の説明によると「真性多血症」という本当に珍しい病気とのこと
最後は眠るようでありました
ぽっかりと穴が開いたようで、悲しい気持ちと寂しい気持ちが同時に襲ってきました
「もも」本当にご苦労様でした
d0102413_1381873.jpg

[PR]
# by furoukoubou | 2008-12-26 13:10

12月13日から「五人展」始まる

突然、五人展の話がやってきた、それもこれも主催者の坂田女史が足の手術のため。
御鉢が回ってきてしまったためである、後は任せるから、といわれても何をすればいいのか
とりあえず案内状を制作、まあ知らない仲間達じゃないので、なんとかなるでしょう
5人の仲間達を紹介します
朝野顕子ー「土ー夢」陶
宇都宮麻希ー「楡工房」-染め織
坂田真理子ー「吉兆窯」陶
高臣大介ー「グラグラ」-ガラス と私
d0102413_2024178.jpg

今回は陶板画で参加しようと思っている
さあて、どんな展示会になりますことやら
12月13日(土)~12月21日(日)品品法邑札幌市東区本町1条2丁目1-10
「師走の仕事部屋から」-クリスマスの贈り物
[PR]
# by furoukoubou | 2008-12-10 20:09

タヒチはティアレの香り

成田からタヒチヌイのパペーテ空港へ、それからランギロア(空、広いの意味)島へ
砂川を出発してから5分で当地に着いた。(日付変更線でそうなるわけだけれど、何がなんだか
よく分からない)
タヒチはともかくもティアレの花でむせ返っていた
d0102413_224413.jpg

日本の花に例えると沈丁花とくちなしの花を足して柔らかくした感じ
1週間ばかしランギリロア島でのんびりしていた
なーにもない島である、世界で2番目に大きい環礁の島
d0102413_22104672.jpg

環礁の内側は,波もなく穏やかな海、外海は波も荒々しく、風が吹きすさんでいる
外海と内海をつないでいるパスをダイブした。
一緒にダイブした日本の人に聞くと、かなり難易度の高いポイントとのこと
私は不覚にもゴムボートに上がる時に吐いてしまった、情けない
お陰で、海中写真すら取れない
半日はテラスで日向ぼっこ、一日居ても飽きない、海辺を散歩するカップル
蛸をさばいている漁師、シュノーケルで泳いでいる人、犬、鳥、雲、すべて穏やかである
d0102413_22501635.jpg
d0102413_22523572.jpg

ランギリア島はダイブの憧れの場所らしい
バンドウイルカ、バラクーダ、さめ、かめ、ギンガメアジ、魚がいるはいるは、オンパレード状態
そんな中で,愁眉なのが、フランスギャルのトップレスですね、やはり、タヒチである。
d0102413_2322325.jpg

[PR]
# by furoukoubou | 2008-11-29 23:03

福祉フォーラムin中空知 11月16日

社会福祉法人「くるみ」が設立してから20年たった
その記念行事として砂川市の地域交流センター「ゆう」でイベントが開催
テーマ「ともに暮らそう,この街で・・・今までそしてこれから」
身体障害者「つばさ」と知的障害者「つむぎ」の3団体合同の主催である
d0102413_18144266.jpg

2年前にオープンした「ゆう」、駅の裏にある、今日は1日貸切状態、その大ホールで
イベントがおこなわれた
d0102413_18183079.jpg

受付、「今日はご苦労さまです、人の入りはどうですか」、「ハイ、大勢の方がきております」
大ホールの中では、作品展示と販売をしていた。
d0102413_18222653.jpg

今回の目玉、元砂川市立病院医長 寺岡正敏氏による講演とコーディネーター
話を聞きながら20年の歩が思いでされる、2人3客でよくまあやったものです
寺岡氏が夢を語り、私がそれをそれなりに具現化する役割
コロコロ変わる国の福祉政策に、まあそれなりによくついていったものです
d0102413_18323153.jpg

会場500席で約7割のお客様、皆熱心に話を聞いていた
メンバーもご両親も、関係者も、あの人もこの人も、やあやあ、まあまあ、
所長を辞めて2年あまり、それでも、それなりに懐かしさがこみ上げてきました
[PR]
# by furoukoubou | 2008-11-16 18:53

小春日和の一日

晩秋の季節、今日は爽やかな一日であった
一日を日記風にまとめてみたいと思う
9:30 「もも」の散歩、隣りで飼っている「マック」(2歳・オス)に挨拶、そっけない
11:00 クルミ生活支援センターで念願の「グループホーム」新築の地鎮祭に出席
d0102413_201742.jpg

関係者各位、神妙な面持ちである、かしこみ、かしこみ、これで3棟目、まえの2棟は中古の家を改造した、新築の家を建てられるとは、嬉しいじゃありませんか
12:00 岩見沢市へ、吉成翔子さんの作品を実家に運ぶ為の手伝い、吉成家4人と
学生さと私でやっとトラックに載せることができた、いやー重いのなんのって
d0102413_2092190.jpg

トラックの奥に鎮座しているのが作品のストーブ、小柄ながら200キロはゆうにあった
12:30 昼飯ということで「GOEN]というの名の店へ、スープカレー専門店
なかなかの味でありました,因みに私は23番の辛さを注文、もっと番数を上げてもよっかたかな
d0102413_2017480.jpg

その後吉成一族と「武部建設」のショールームを見学
オブジェ展を企画しているので、中を見せてもらったが、どうもイメージが違っていた
d0102413_2023682.jpg

3:30 帰宅
5:00 桔梗さんがクリスマス企画の作品造りのため浮浪工房でガラス制作を手伝う
まあ、あいもかわらず、何をしているのか、モヤモヤとした1日であります
[PR]
# by furoukoubou | 2008-11-11 20:29

オータム ガーデンフェアー 無事終わる

10月19日、いやー朝から天気がいい、この季節にしては温度も高く、申し分なしである
晴れさえすれば、後はなんとかなるでしょう
ともかくも、まつりのために 庭の手入れで1週間もかかった。
d0102413_1723238.jpg

祭りをする前の庭,大分落ち葉が落ち始めている、朝の庭は静かである
d0102413_1725367.jpg

10:00開催の前からモヤモヤと人が集まり始めてきた
d0102413_17292298.jpg

中庭は人だかり、ビニール袋を片手にお客さんがうろうろ。
我が陶器市は会場の片隅で販売開始
d0102413_17333063.jpg

「自己申告制」で100円から500円の間で料金を決めていただく、というシステム
お陰で18000円ほどの売り上げになった、売り上げは「障害回復者」のライフクラブに寄付
1個で1000円を出してくれた客もおり、ありがたいことでありました。感謝
d0102413_17414660.jpg

祭りに花を添えてくれた「ロス・カルロス」の南米の音楽
穏やかな秋に爽やかな音を提供してくれました。
ま、ま、無事祭りも終わり、後は工房で粘土と戯れる日々が始まります。
[PR]
# by furoukoubou | 2008-10-19 17:48

オータム ガーデンフェアー

d0102413_2126794.jpg
野葡萄館のみなさんから「チョト相談があります、今年も祭り一緒にしませんか」との誘いの話があった。「はぁ」と生返事をしているうちに、いつの間にかそういうことになってしまった。
そうなった以上、やることはしなければならない。
まずは庭の草むしり、工房の整理、これがなんともわずらわしい。
それから、仲間に連絡
吉兆窯の坂田女史、カバ工房の久木氏、アンジュの高橋氏,千の花の吉成親子
多度志の辻本親子、あかげらの佐藤女史、まだら本舗の高橋氏、木工の松島氏
久森女史などなど、
それから「くるみ」、「奈井江学園」の福祉施設
何が出てくるかはお楽しみ、お楽しみ・
基本コンセプトは(庭先で遊びましょう
d0102413_2127242.jpg

オータム ガーデンフェアー
10月19日(日曜日)AM10:00~PM4:00
砂川市晴見1条北10丁目 (自称) 焼山台地連絡先 080-5585-2338
ーなんかやりたい方は連絡くださいー
[PR]
# by furoukoubou | 2008-10-06 21:41

「マリヤ」、今日搬入日

朝から、作品を選んで車に詰め込む
会場の構成を考えると、あれこれ不安になってくる
作品で足りない物はないか、飾り付けの用具、などなどどうも不安である
車一杯に作品を詰めて、いざ出発
会場には、坂田女史,さかえさん、久木さんが待っていてくれた
ありがたいことである
かって知ったる会場、あ・うんの呼吸でてきぱきと作業が進む
d0102413_192025100.jpg

慣れた手つきで陶板画を取り付ける久木さん
久木さんは木のおもちゃ作家、丁寧な作業は安心する(陶板画の枠は彼の作品)
d0102413_19254755.jpg
d0102413_19271230.jpg
d0102413_1928369.jpg

陶と鉄とガラスのコラボレーション
ガチャガチャなのか、バランスが取れているのか、まず、会場へ来てください
9月18日オープンです
[PR]
# by furoukoubou | 2008-09-16 19:32