<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

タヒチはティアレの香り

成田からタヒチヌイのパペーテ空港へ、それからランギロア(空、広いの意味)島へ
砂川を出発してから5分で当地に着いた。(日付変更線でそうなるわけだけれど、何がなんだか
よく分からない)
タヒチはともかくもティアレの花でむせ返っていた
d0102413_224413.jpg

日本の花に例えると沈丁花とくちなしの花を足して柔らかくした感じ
1週間ばかしランギリロア島でのんびりしていた
なーにもない島である、世界で2番目に大きい環礁の島
d0102413_22104672.jpg

環礁の内側は,波もなく穏やかな海、外海は波も荒々しく、風が吹きすさんでいる
外海と内海をつないでいるパスをダイブした。
一緒にダイブした日本の人に聞くと、かなり難易度の高いポイントとのこと
私は不覚にもゴムボートに上がる時に吐いてしまった、情けない
お陰で、海中写真すら取れない
半日はテラスで日向ぼっこ、一日居ても飽きない、海辺を散歩するカップル
蛸をさばいている漁師、シュノーケルで泳いでいる人、犬、鳥、雲、すべて穏やかである
d0102413_22501635.jpg
d0102413_22523572.jpg

ランギリア島はダイブの憧れの場所らしい
バンドウイルカ、バラクーダ、さめ、かめ、ギンガメアジ、魚がいるはいるは、オンパレード状態
そんな中で,愁眉なのが、フランスギャルのトップレスですね、やはり、タヒチである。
d0102413_2322325.jpg

[PR]
by furoukoubou | 2008-11-29 23:03

福祉フォーラムin中空知 11月16日

社会福祉法人「くるみ」が設立してから20年たった
その記念行事として砂川市の地域交流センター「ゆう」でイベントが開催
テーマ「ともに暮らそう,この街で・・・今までそしてこれから」
身体障害者「つばさ」と知的障害者「つむぎ」の3団体合同の主催である
d0102413_18144266.jpg

2年前にオープンした「ゆう」、駅の裏にある、今日は1日貸切状態、その大ホールで
イベントがおこなわれた
d0102413_18183079.jpg

受付、「今日はご苦労さまです、人の入りはどうですか」、「ハイ、大勢の方がきております」
大ホールの中では、作品展示と販売をしていた。
d0102413_18222653.jpg

今回の目玉、元砂川市立病院医長 寺岡正敏氏による講演とコーディネーター
話を聞きながら20年の歩が思いでされる、2人3客でよくまあやったものです
寺岡氏が夢を語り、私がそれをそれなりに具現化する役割
コロコロ変わる国の福祉政策に、まあそれなりによくついていったものです
d0102413_18323153.jpg

会場500席で約7割のお客様、皆熱心に話を聞いていた
メンバーもご両親も、関係者も、あの人もこの人も、やあやあ、まあまあ、
所長を辞めて2年あまり、それでも、それなりに懐かしさがこみ上げてきました
[PR]
by furoukoubou | 2008-11-16 18:53

小春日和の一日

晩秋の季節、今日は爽やかな一日であった
一日を日記風にまとめてみたいと思う
9:30 「もも」の散歩、隣りで飼っている「マック」(2歳・オス)に挨拶、そっけない
11:00 クルミ生活支援センターで念願の「グループホーム」新築の地鎮祭に出席
d0102413_201742.jpg

関係者各位、神妙な面持ちである、かしこみ、かしこみ、これで3棟目、まえの2棟は中古の家を改造した、新築の家を建てられるとは、嬉しいじゃありませんか
12:00 岩見沢市へ、吉成翔子さんの作品を実家に運ぶ為の手伝い、吉成家4人と
学生さと私でやっとトラックに載せることができた、いやー重いのなんのって
d0102413_2092190.jpg

トラックの奥に鎮座しているのが作品のストーブ、小柄ながら200キロはゆうにあった
12:30 昼飯ということで「GOEN]というの名の店へ、スープカレー専門店
なかなかの味でありました,因みに私は23番の辛さを注文、もっと番数を上げてもよっかたかな
d0102413_2017480.jpg

その後吉成一族と「武部建設」のショールームを見学
オブジェ展を企画しているので、中を見せてもらったが、どうもイメージが違っていた
d0102413_2023682.jpg

3:30 帰宅
5:00 桔梗さんがクリスマス企画の作品造りのため浮浪工房でガラス制作を手伝う
まあ、あいもかわらず、何をしているのか、モヤモヤとした1日であります
[PR]
by furoukoubou | 2008-11-11 20:29