<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

幌加内に行く

紀伊國屋書店で一緒に展示をした吉成さんから連絡が来た
「茸がね、取れると思うんだけど、話をした牧場や廃校も案内したいし」
昨日で念願のタイル150枚を焼き上げ,とりあえずほっとしていたときの連絡
幻のポルチーニ(やまどりだけ)は無理としても、本シメジからくようは取れるかもしれない
よーしということで、幌加内,政和に向かう
北に向かうほどに紅葉に色づき始めた風景が秋の気配をかんじさせる
d0102413_195426100.jpg

幌加内から10キロほど行ったところに吉成邸があった
d0102413_19584364.jpg

玄関を開けると吉成さんの作品が飾られてあった、部屋全体が作品展示場といった感じ
d0102413_2034325.jpg

牧場に案内される、放し飼いの黒牛が牧草をはんでいる,傍に父さんがボーと佇んでいた
見渡す限りの丘で柵もなく、何故かサラブレットが1頭牛と一緒にいる
頭をなでても嫌がらない、「このサラブレットは人懐こくてねー」とお父さん
d0102413_20115480.jpg

d0102413_20125160.jpg

昼ごはんを馳走になる、父さんが射止めた鹿肉と黒まいたけ(1キロ4000円)の変わり御飯
コックはお父さん、娘の翔子さんと4人で食事
うまい、こんな贅沢はなかなか味わえない、特に鹿肉のスペアリブはゼッピンであった
d0102413_20184379.jpg

その後廃校になった小学校を訪ねる、水洗トイレ付き、まだまだ使える
「誰か利用できる人はいないかしら、」と吉成さん
此処にも過疎の流れがきている、幌加内人口1800人ますます過疎になっていくだろうなー
d0102413_20262097.jpg

最後の案内は茸取り、ほんしめじは取れなかったけれどらくようをゲット
きょうは1日、楽しい時間を過ごせました  感謝
[PR]
by furoukoubou | 2007-09-27 20:34

ペルシャンブルーの世界

茶廊「法邑」での個展
「ペルシャンブルーの世界」

ペルシャ陶器を目指している私にとってピッタリのタイトル
法邑のオーナー法邑美智子さんが「ペルシャンブルーってどんな色ですか」との質問あり
「どんな色っていわれてもそんな色はないのです」と私
ブルーの色はいろいろあって、オリエントブルー、トルコブルー、コバルトブルー、ミディアムブルー、ロイアルブルー、それからブルーカナリアなんてのもある
つまり造語である、なんとなく雰囲気がいいじゃないですか
青ければいいってもんじゃないけれど、まあそんなことです
会場を青いタイルで埋め尽くしたい、まあそんな法螺をふいた
「それで、やってください」とオーナー
d0102413_19201264.jpg

それからが大変、9月に入っても作品を殆ど制作ができていない
目標20cm×20cmを150枚
長さにすると30メートルにもなる。
やっと紀伊國屋の展示会が13日で終わりあと2週間もない、焦っております
d0102413_19255323.jpg

額は頼みのカバちゃんに25枚制作してもらいました
タイル4枚で一組それで100枚
d0102413_19295547.jpg

あとの50枚はベニヤ板に貼り付けようと考えている
d0102413_1932291.jpg

現時点において、15組のタイルを完成
あと10組と50枚,あと1週間、とほほほほ、
なんとか、やってみます、法螺は吹くものです
是非、会場に遊びに来て下さい
ブログを見た方にはコーヒーを有料サービスします
10月3日(水)~10月12日(金)
10:00~18:00(火曜日定休日)
札幌市東区本町1条1丁目8-27

[PR]
by furoukoubou | 2007-09-21 19:49

紀伊国屋書店札幌本店2Fギャラリー明日から展示

「セプテンバーウィング」内海眞治・吉成洋子2人展
吉成さんは幌加内で活動しているステンドガラス作家
「うなかがねーゆ美術館」館長渡辺さんの口利きにより実現
実は9月に実現するとは計算外、あれこれの予定で少々戸惑った
まま、やるきゃない。
会場は、今までにない変則的なところで会場構成に頭が痛かった
d0102413_20493563.jpg

会場に作品を構成している吉成さん、娘の翔子さんは金工作家、ステンドガラスを飾る
作品を数多く作ってきた
2人展と言うより「三人展」になったようだ、これもまた意外性があって愉しい会場造りになった
d0102413_20552476.jpg

今回も会場取り付けに馳せ参じてくれた「かば工房」こと久木さん
力仕事に男性がいるといないとでは大違い、
d0102413_20593941.jpg

今回は(窓際族)を吉成さんに譲った
私は主に卓上のオブジェと壁掛けのオブジェを中心においた
d0102413_2184046.jpg

d0102413_219357.jpg

これからの1週間、会場に詰めていますので宜しくネ
9月8日~9月13日AM10:00~PM7:00 最終日PM6:00まで
札幌市中央区北5条西5丁目7番地 紀伊國屋書店2Fギャラリー
[PR]
by furoukoubou | 2007-09-07 21:21

取り付けましたステンドガラス

9月2日ギャラリー「ミズ」での個展
初日、多数の方来ていただきありがとうございます
それにつけても9月の1日に会場取り付けで「ステンドガラス」が無事治納まるかドキドキ物でした
床から高い窓まで4m以上はあるし、稲垣氏と私は高所恐怖症と言う問題も抱えているし
梁の上に足場を作りそのうえに椅子をのせ、意外と重いステンドガラスを恐る恐る取り付けた
取り付け時間1時間あまり、悪戦苦戦の中ともかくも取り付けた
安堵で汗がドットでてくる、
d0102413_8562516.jpg

しばらくは、オーナーの瑞子さん、稲垣氏、わたしとぼんやり見ていた
「いいねー」と瑞子さん、この言葉で今回の個展も完了した気がする
一mmもサイズが狂っていたら大事であった
いい加減に作品を制作している私にとって画期的なことであります
d0102413_93276.jpg
d0102413_945483.jpg

後は淡々と会場の取り付け、いつもは面倒な作業も楽であった
d0102413_991510.jpgd0102413_91072.jpg











その後、同じくギャラリー「法邑」で個展をしている坂田真理子女子のオープニングパーテー
に出席、大勢の方がわいわいと談笑していた
「内海さんもいい展示期待してますね、坂田さんは取り付けが終わっていい顔になっていましたよ」とオーナーの法邑さん
「次は内海さんよ」と坂田女史、「いい展示会ですね」というと「やっと自分の展示会ができたのかな」と満足気でありました
10月の3日からのここでの個展、まだ作品半分も制作していない、とほほほほ、である
d0102413_9194287.jpg
d0102413_9213196.jpgd0102413_9223762.jpg










ぎゃらりー「みず」は9月30日まで田真理子個展「ペルソナ展」は9月9日まで
[PR]
by furoukoubou | 2007-09-03 09:39