<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

9月2日からギャラリー「MIZU]で個展

祭りが終わったら、早速「MIZU]の最後の作品作り
ギャラリーの2階のウィンドウにステンドガラス4窓分を制作
前回の展示の最中にあの窓をステンドガラスで飾りたいと申し出た
稲垣さんから快く承諾、そんなわけでどうしても制作しなくっちゃならない
これがまたやっいな代物である、縦72.5cmx横75cmノ大窓4つ
あまりにでかいので、1つの窓を3分割、計12枚
これが無事会場に取り付けられるか、ひやひや物である
d0102413_181032100.jpg

d0102413_18123389.jpg

上記の作品は縦75cmx横35cmの2つの作品
教会みたいになっちゃうのかなードキドキ、と期待感がある
それと「かば工房」で制作してもらったタイルの木枠作品も展示してしまおうと考えている
d0102413_18192571.jpg

9月1日が取り付け、後1日しかない
これが又いいんだなー
d0102413_18222416.jpg

案内状、かなりのピンボケである
9月2日~9月30日(火曜日休館)10:30~5:00まで
旭川市西神楽四線9号1-1526 電話 0166-65-7356
丘の上の△屋根の一軒家、ぽつんと建っている
わかりづらい住所なので、電話して正確な場所を確認してください
毎日は通えないので、電話いただいたら会場にいるようにします
携帯 080-5585ー2338まで
[PR]
by furoukoubou | 2007-08-30 18:39

それにつけても(祭り)インスタレーションは疲れました

朝、5:30分誰もいない庭先で1人コーヒーを飲む
さあ、今日の祭りはどうなるのか、遣り残していることはないか、ちょっと不安が出る
8:30分、坂田真理子さん一行、カバ工房、久木君が札幌から登場
その頃からぞろぞろと関係者登場
d0102413_21372529.jpg

9:30分に店開きした焼き物「バーゲンセール」に人が集まり始めた
d0102413_21402745.jpg

「ハイ、綿飴ね」木工作家松島さん、後ろにいるのが鶏の燻製を仕掛けた山田さん
10:00、この頃から込み始めてくる
小間使い、連絡係、招待客の挨拶など、雑務に追われる
d0102413_21464180.jpg

d0102413_2147405.jpg

ともかくぞろぞろと人が集まってきた
d0102413_21491724.jpg

ついでに今日は砂川祭り、子どもみこしも飛び入りで参加
3:00、人の流れが途絶える
戦い済んで、疲れがでてくる、関係者も安堵の顔。
食べ物関係は全てなくなる、カレー40食、燻製80本、パン、ジャム,桃、プルーン、とうきび、枝豆、コーヒー売れきれ完売。
それぞれの物づくりの店も、人だかりがしていた。
我が焼き物も殆どなくなる
最も、焼き物の仕掛けは「100円~500円」で買い手が値段をつける仕掛けにした
売り上げは、障害回復者に寄付、箱の中は3万円強はあっただろうと思う
何人の方たちが来たのだろうか200人かそれ以上か、ごちゃごちゃしていた。
まま、仕掛けた割にはいろいろな方が来てくれた、札幌、旭川、の遠方からも来てくれた
野葡萄館の方々も、安堵の顔。
「また、来年も、」とのリクエストがあったけれど、イヤー疲れた
本当に、インスタレーションは疲れる作業でありました
[PR]
by furoukoubou | 2007-08-26 22:16

かば工房を訪ねる

個展用のタイルの額を依頼する目的で、かば工房こと久木君を訪ねる
たまたま佐藤久美子さんも彼女の個展で額を依頼、同車して訪ねる
d0102413_192896.jpg

かば工房は札幌市手稲区にある、まだ2年目である
d0102413_195149.jpg

我々のために「コーヒー」をいれてくれる心優しいカバさん
d0102413_1991499.jpg

彼は3年前に脱サラ、現在は木で子どものおもちゃを制作している
無垢の木でいっさい釘を使わない、頑固なまでの信念を持っている
d0102413_19145360.jpg

ギャラリーでなにやら取り出そうとしている佐藤さん
d0102413_19283673.jpg

ここが彼の仕事場、内海さんのはこの板を使おうと思っているんだ
仕事場には所狭しと板が立て掛けてある

今度の8月26日の「祭り」には、久木くん、佐藤さんも参加します
期待してください
[PR]
by furoukoubou | 2007-08-10 19:37

8月26日 ガーデニングフェアーを開催

あっという間に8月8日
昨日は雨の中草刈、あまりにも伸びすぎていた
草刈機は、なかなかエンジンがかからない
ネコで20回も草を運んでもまだまだ雑草が生い茂っている
今、庭にはアジサイ、白鳥草、ブットリア,薄紅葵、風路草などが咲いている
祭りにはどんな花が咲いているのだろうか
d0102413_10331562.jpg

案内状やチラシを昨日作成
これからはあちこちに配らなくっちゃならない
物づくり作家は10名参加予定
札幌の陶作家坂田女史、木のおもちゃ作家久木氏も駆けさんじてくれる
ガレージセール、リサイクル、物品販売は5名
農作物、飲み物、軽食は「くるみ」や「奈井江学園」等
今回、山田氏による、野辺の燻製もでる楽しみである
庭先のあちこちで展開する
d0102413_10411145.jpg

庭先にはオブジェも配置しようと考えている
d0102413_10425434.jpg

野葡萄館の人たちも毎日のように通ってきてせっせ、せっせと作品作り
ともかくもだ、やらなくちゃ、
雨の降らないことを切に望んでます
見る側と見られる側、どっちもゴチャ、ゴチャと交じり合う祭り
そんな祭りにしたいなー
ポケットマネーで気楽に遊びに来てください
[PR]
by furoukoubou | 2007-08-08 10:55

岸 洋光君を紹介します

岸君は出張料理人である
最近は旭川を中心に仕事をしている
「いやー忙しくて、昨日は100人を相手に料理しました、チョット、メタボリック症候群に
なって、もう調子はいいですけど、今回のコンサートは意地で企画しました」
5年振りのコンサートは、彼の庭で催しされた
敷地は2町くらいあるだろうか、滝川市の郊外,丸加高原の麓にある
d0102413_20243970.jpg

d0102413_2026592.jpg

南米の音楽をこよなく愛する彼はミュージシャンでもある
今回のだしものは、アフリカンのドラム、知り合いの山北君も参加している
d0102413_20304269.jpg

会場になった場所は、彼1人で建てた建築物
大きなブルーシートを張って、会場が出来上がった
観客は100人以上、今か今かとライブを待っている
d0102413_20363170.jpg

d0102413_20372937.jpg

左でドラムを叩いているのが山北君
タンタカ、タンタカ短い北国の夏を夕闇の中、コンサートが始まった
さて、私も8月26日の祭りの準備にそろそろ取り掛かろうと思う
祭りについては後程報告します
[PR]
by furoukoubou | 2007-08-05 20:46