<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

春の花を買いにいく

毎年のことだけど、この季節になるとムズムズしてきて、知り合いの園芸農家を訪ねるのが習慣になっている
「あら、先生(ここではその呼び名になっている)今年は明日からオープンにしようと思っているの、でも準備もないし、同じことなので、ゆっくり見てください」
d0102413_18135472.jpg

           山田園芸の看板 道道275線にある
かって知ったる他人の農家、6つあるビニールハウスをゆっくりと見て回る
当然お客さんはいない・・・ここの花はとても安い、穴場である・・・・
d0102413_18185556.jpg

花の咲いていないポット苗を確認していく、今年はどんな苗をそろえたのだろうか、
今年は、ゲラニユーム、スミレ、蔓モノをゲット
d0102413_185854.jpg

「やっぱり、いいものを押さえますね、このゲラは2株しかないんですよ、あら、コレも参ったな」
と、山田さん、年々いいものをそろえている
さて、これから我がガーデンに植えましょう
[PR]
by furoukoubou | 2007-04-21 19:11

春の庭

庭の雪もやっと消えて、昨日から木の枝や枯葉の掃除に一日かかりっきり
まあまあ、庭のあちこちにネズミの穴があることあること
ようやく根付いた若い木の根元がクルリと食いちぎられている
宿根草の根元の大丈夫だろうか
恐る恐る枯葉を取り除くと若葉の中からもう花目を出しているものもある
d0102413_19405196.jpg
d0102413_19425734.jpg
みすみそう      節分草






d0102413_19445451.jpg       チゴノドクサ
今年の花のテーマはクレマチスとゲラニユームをいっぱい咲かせること
クレマチス用の鉄枠も庭先に取り付けた




d0102413_19522075.jpg

庭の正面に自転車の車輪を取り付けクレマチスを巻きつけた
d0102413_19574636.jpg

「青春の門」と名づけた鉄のオブジェ、去年はクレマチスがいっぱい咲いた
8月の26日「ガーデンフェアー」を企画している
いろいろな作家や料理など仲間に声をかけている
期待してください
[PR]
by furoukoubou | 2007-04-18 20:07

料理教室

今回は焼き餃子
講師は山田郁三さん、仲間であり,家禽農家を営んでいるが
実は彼、中華料理のプロである
札幌経営専門調理師高等科 専任教師と言う肩書きを持っている
恐れ多いことなのである
餃子なんか一時間もあればできる料理だと思っていたのが大間違い
餃子の皮作りだけで、大変なことになってきた
d0102413_17481471.jpg

      山田郁三講師  真剣である
生涯初めての料理教室 女性(多分主婦)7名、男性2名
野菜のみじん切りの切り方、小麦粉の練り方、餃子の揚げ方など
なるほど、と一つ一つ感心してしまう
d0102413_17561849.jpg
d0102413_17575092.jpg


餃子の皮つくり、これが大変、ひとつひとつを手のひらで押さえて、麺棒で直径8センチくらいの円に伸ばす、これを80個なかなか終わらない
d0102413_1833826.jpg

「さあこれから揚げますからね
フライパンは充分に熱くして置いてください」 生徒たちは真剣である
d0102413_1885374.jpg

どうですか、これがワタシの作品
ちょいと焼き目が気になるがなかなかのもの
フライパンが重過ぎて女性たちは四苦八苦
途中からは専任コーチになって、フライパンのプロになりました
味ですか、「うまい」の一言ですね
[PR]
by furoukoubou | 2007-04-15 18:18

春二題

我がガーデンもやっと雪解けが始まった
つぼ足で雪原を歩く
ひだまりや崖際は雪が溶け、みどりの葉が顔を出している
d0102413_1703653.jpg
今年初めて咲いた福寿草、毎年崖際に群落を作る、二週間ほど早い開花

d0102413_176342.jpg 
クリスマスローズも早々と花目を出した
雪解け後は雑然としていて、あとかたづけに今週いっぱいかかりそう
さて、どんなはなを今年は咲かせようか楽しみ楽しみ




約束していたヘラブナつりを、今日初めて体験した
師匠は棚田海里くん、渓流釣りではわたしが師匠であるが、今回は敬意を称した
「4月にヘラブナがつれるのかいな」とわたし
「大丈夫、任せなさい」
それにしても、今日は寒い。風は強いし、吹雪にはなるし、からだは震えるし
それでも、11:00~4:00頃まで粘った
成果は海里君一匹、わたしは0匹
「ヘラブナのあたりはまばたきの一瞬で決まるから、浮きから目を離してはいけない」
言われるがままにじっーと浮きを見る、かなりの苦行である
この変態行為は、変態者といわずになんと言えばいいのだろうか
d0102413_17333987.jpg

師匠の棚田海里君 
海里くん、今度は釣るぞ,再チャレンジですね

                       
[PR]
by furoukoubou | 2007-04-05 17:47

からだれふれ 東次

3月31日
「からだれふれ東次」のオープニングパーティ
2月頃から室内を改修してオープニングの運びになった
佐藤東次さん、アメリカで「整体・レフレクソロジー」の資格を収得
パーティには、焼き物仲間、レフレクソロジー、親族など20名
d0102413_15473550.jpg
札幌市中央区南1西12 011-251-7739
d0102413_15493666.jpg

まずは挨拶、「いや、いや、皆さんありがとうございます」と東次さん
d0102413_1554864.jpg

「ここが仕事場です、壁は漆喰を塗りました、あちこちに浮浪工房の作品が置いてあります」
得意満面の会場案内
d0102413_1615768.jpg
パーティは5:00~7:00和やかな中で終わった
[PR]
by furoukoubou | 2007-04-01 16:04