ヤマメ釣りに行くこと

朝5:00出発、目指すはニセコ、昆布川上流である
相棒は棚田君、ヘラブナ釣りの名人?である
「今日は、どんな釣りをしようか、(数でいくか、大物でいくか)」と私
「やっぱ、漁、ですよ、釣ったら食べる、これが基本です」と海里君
天候はやや曇り、最近雨が降ってないのが気がかりである
8:30入渓、水かさが足りないが、ひんやりとした感覚が気持ちを引き締める
d0102413_20262630.jpg

今日の釣りは難しい、あたりがあっても、なかなか食いつかない
ポイントが完全に狂っている、川の形相が水不足でいつものポイントではあたりがない
少々いらだちを感じ始める
d0102413_20325736.jpg
d0102413_20353327.jpg







ホームランドにしているこの川はいつ来ても、清らかだ
川底に大きな魚影がスゥート消える
歩き疲れて、タバコを一服,至福の時間である
d0102413_20434466.jpg
d0102413_2048254.jpg







あたりがこないんだ、今日はおかしいよ、と海里君
d0102413_20523794.jpg

やっと、最終地点に辿り着く、歩くこと4時間、へとへとである
川岸に建っている無人小屋、妙にオブジェ風で趣がある
d0102413_20575697.jpg

今日の成果、ヤマメ30匹あまり岩魚2匹、まずまずか
戦いが終わって、至福の時間をかみしめる
川の神に感謝
[PR]
by furoukoubou | 2007-07-26 21:04
<< 岸 洋光君を紹介します 喫茶 アンジェに行くこと >>